ビキニラインの黒ずみを改善する美白クリーム|1日5分のケアで解消する

ビキニラインの黒ずみを解決する方法

 

突然ですが、、ビキニラインの黒ずみで困っていませんか?

 

普段ならビキニラインなんで気にしないのですが、夏や彼氏に見られるときにちょっと気になりますよね。

 

そんな悩みを解消する方法をご紹介していきたいと思います。


肌に黒ずみが出来てしまうのはなんで?

ビキニラインの黒ずみをケアをするためには、黒ずみがなんで出来てしまうのか?理解する必要があります。ます、黒ずみが出来てしまう仕組みについて解説していきます。

 

 

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三段階層になっています。今回は、表皮が黒ずみが出来る原因と関係しています。表皮の一番奥にある基底層にメラノサイトという組織があります。このメラノサイトに紫外線などの刺激を与えるとメラニン色素を排出します。

 

メラニン色素を排出するのは、肌を外敵から守るためで正常な働きです。排出されたメラニン色素はターンオーバーによって徐々に皮膚表面に押し上げれててアカとなって剥がれます。

 

しかし、刺激を与え過ぎてメラニン色素を排出し続けたりターンオーバーが狂ってしまうと、メラニン色素が排出しきれずに表皮内に残ってしまいそれがシミとなります。そのシミが色素沈着してしまい肌の黒ずみになってしまうんです。

 

今回は、ビキニラインの黒ずみなので、紫外線はあまり関係がありません。ですが、ビキニラインに紫外線以外の刺激を与えてしまっているのがビキニラインに黒ずみができた原因です。だから、ビキニラインに刺激を与えるような事を控えなければ改善は難しいです。

 

【目次】

1. ビキニラインが黒くなってしまう5つの原因
 1.1 自己流のお手入れが逆効果に!
 1.2 フラッシュ脱毛でメラニン色素が反応
 1.3 摩擦や蒸れ・下着の締め付け・不規則な生活
2. ビキニラインの黒ずみ対策
 2.1 ハイドロキノンとトレチノインの美白処方
 2.2 エステサロンや美容外科に行ってみる
 2.3 美白クリームを利用する
3. ビキニラインの黒ずみに美白クリームで出来る事
 3.1 黒ずみに対して美白クリームがする働きとは?
 3.2 美白クリームを毎日使う事が大切
 3.3 ビキニラインはしっかりと保湿をする事も大切
4. ビキニラインの黒ずみにお勧めの美白クリーム特集
 4.1 第1位 イビサクリーム
 4.2 第2位 ヴィエルホワイト
 4.3 第3位 ミウ・デフルール

ビキニラインが黒くなってしまう3つの原因


自己流のお手入れが逆効果に!

ビキニライン(Vライン)を綺麗にするために自己流でケアをしていませんか?良いと思ってやっていた事が逆効果という事は本当によくある事で、既に黒ずみで悩んでいるならその可能性が大です。

 

例えば、古い剃刀で剃ると肌を傷つけて炎症を起こしまし、毛抜きもまた毛穴にダメージを与えます。また、肌に合わないボディソープやボディタオルでゴシゴシをと洗えばそれも刺激になるわけです。

 

これらは、結構やってしまっている人が多いのではないでしょうか?これらの行為がダメージを与えてメラニン色素を排出させます。1回の行為ではなく毎日やっていればそれが蓄積されて黒ずみになってしまうんです。

フラッシュ脱毛でメラニン色素が反応

ムダ毛処理が面倒で、脱毛をしている方が多いのではないでしょうか?最近の脱毛は、昔に比べて安いのでエステやクリニックで脱毛をしている人が本当に多いです。CMでも流れているので身近になっています。

 

 

その脱毛が黒ずみの原因になっていることがあります。海外では、VIO脱毛は普通でしたが日本でもVIO脱毛をしている人が多くなり、それがビキニラインの黒ずみが多くなっている原因なのかもしれません。

 

脱毛で使うフラッシュ脱毛やレーバー脱毛が火傷を引き起こしてそれが黒ずみの原因だと言われています。脱毛後は、肌が乾燥しやすい上に非常に敏感になっているためしっかりとケアをしなくてはいけません。

 

脱毛してから黒ずみがひどくなったという声もあります。脱毛は決して悪い事でないので、脱毛後のケアをしっかりとしたい物です。

摩擦や蒸れ、下着の締め付け・不規則な生活

下着やナプキンの摩擦もビキニラインが黒ずんでしまう原因になっています。ちょっと動くだけでもビキニラインは、衣服や下着の摩擦の影響を受けます。その度に、肌の表面にどんどんダメージを与えてしまうわけです。

 

特に、下着の締め付けがダメです。しっかりとサイズを合わせてください。ネットでなんとなく購入したりせずに、下着専門店に行ってサイズを計って自分に合ったサイズをはくようにしましょう。

 

不規則な生活がビキニラインの黒ずみになっているケースもあります。不規則な生活になると、就寝時間も深夜になり食生活も偏った食事になります。

 

それだけでなく、ストレスやホルモンバランスが崩れもあります。生活習慣とは、別に加齢によるターンオーバーの乱れも否定できません。補足ですが、肌を乾燥させてしまうと硬くなり、ブツブツになってしまうこともあるので注意です。

ビキニラインの黒ずみ対策


ハイドロキノンとトレチノインの美白処方

ハイドロキノンとトレチノインは、欧米でもポピュラーな美白方法です。この方法は、非常に刺激が強いので医師の元でしっかりと行っていくべきです。個人的に購入しても出来るようですが、トラブルが起きてもは遅いです。だから、病院に行ってしっかりと相談して行ってください。

 

トレチノインとハイドロキノンの効果・効能についてですが、トレチノインは、ターンオーバーを通常よりも高める働きがあります。表皮の細胞を活性化させる働きがあります。ただ、刺激が強いため部位によっては避けた方が良い場合があります。

 

ハイドロキノンは、美白という言葉が一番分かりやすいのかなと思います。日本でも有名な美白成分である「アルブチン」や「コウジ酸」などの約100倍の美白効果を持っています。そのため、メラノサイトの活性化を抑えてメラニン生成を抑える事が出来ます。

エステサロンや美容外科に行ってみる

エステサロンや美容外科でビキニラインの黒ずみを解消してもらうのもありだと思います。中には、ハイドロキノンとトレチノインの処方をお勧めしてくるかもしれません。

 

ですが、オリジナルの方法であったり、ピーリングなどを使ってビキニラインの黒ずみを解消する方法を提案してくれます。オリジナルの方法なので、具体的にはちょっとわかりませんが、医学的根拠に元づいてやっていると思います。

 

自宅でのケアに不安を持っていたり、今まで色々な美白クリームを利用してきたけど全然効果がなかった方は、美容外科に通ってみるのもいいと思います。

美白クリームを利用する

病院やエステサロンではなく自宅でケアとするとなったら美白クリームしかありません。美白という言葉を聞くと、黒ずみを綺麗にしてくれるというイメージですが違います。

 

美白クリームに含まれている美白成分というのは、効果・効能はそれぞれ違いますが、メラノサイトが活性化を防止したり、メラニン色素の排出を抑えたりとこれから出来るシミ対策の事です。

 

ですが、ターンオーバーと共に排出されて黒ずみが改善される可能性を否定する事は出来ません。具体的に美白効果について解説していきます。

ビキニラインの黒ずみに美白クリームで出来る事


黒ずみに対して美白クリームがする働きとは?

美白クリームに含まれている成分にも効果・効能に違いがありますが、ほとんどの商品が以下のような方法で黒ずみを改善するアプローチを取っています。

 

1.紫外線などの刺激を浴びると、メラノサイトからメラニン色素を排出します。これは、表皮細胞にある「エンドセリン」という情報伝達物質が関係しています。つまり、肌に刺激を与えるとエンドセリンが反応してメラノサイトからメラニン色素を排出するように命令をします。

 

美白成分にカモミラETという成分があり、これがストップをかける事が出来ます。

 

2.情報伝達物質であるエンドセリンがメラノサイトに指令を出したら、メラノサイトでメラニン色素が生成されます。アミノ酸の一種でチロシンという物質があります。これが、メラノサイトにあるチロシナーゼという酸化酵素が働いて、メラニン色素へと変えます。

 

美白成分では、ある部珍、コウジ酸などでこのチロシナーゼをブロックする事が出来ます。

 

3.メラニン色素が表細胞にへと徐々に排出されます。それがターンオーバーでどんどん押し上げられて排出されます。
4.何らかの原因でシミが表皮に残ってしまいシミとなって残ってしまうんです。

 

美白成分は、メラニン生成の指令をストップしたり、メラニン色素の排出を抑える働きがあります。それで、完全にメラニン色素を排出する事を防ぐ事は無理です。

 

ある程度は排出されますし、肌を守るためには必要な物です。だから、メラニン色素の派出の暴走を抑える事でターンーバーもありどんどん改善される事に期待が持てるという事です。

美白クリームを毎日使う事が大切

美白化粧品はこれから出来るメラニン色素を減らすように働くので今ある黒ずみをケアするわけではありません。しかし、メラニン色素を排出を抑える事ができれば、ターンーバーによって肌がどんどん新しくなるので今ある黒ずみを改善する事に期待が持てます。

 

むしろ、使っていかない事にはどんどん症状がひどくなる可能性があるわけです。

ビキニラインはしっかりと保湿をする事も大切

お肌のケアのために、保湿もしっかちとしなければなりません。特に、デリケートゾーンは刺激が弱いだけに皮膚が薄いので保水力が低いです。

 

ビキニラインが乾燥しやすいという事は、摩擦や刺激を受けたときにそれだけ、細胞へのダメージが大きく黒ずみの原因になります。だから、注意しなければなりません。

 

もちろん、お肌に優しいように無添加の物である必要があります。ビキニラインをケアしているのに悪化してしまっては元もこうもありません。だかr、合成・香料、着色料、パラペンなどには注意が必要です。

ビキニラインの黒ずみにお勧めの美白クリーム特集

▼イビサクリーム 公式サイトはこちら▼

コース 初回価格 容量
通常購入 7,000円 約1ヶ月
定期コース 4,970円 約1ヶ月

※返金保証28日間で定期コースは最低でも2回継続が条件

イビサクリームの総評

黒すみをケアする美白成分であるトラネキサム酸、グリチルチリン酸2Kが含まれています。いずれも、眼ラインんの生成を抑えてたり、肌荒れを防止してお肌を整える働きがあります。

 

それだけでなく、4種類の植物成分である天然由来の成分が美白ケアをサポートします。特に、カモミラエキスは炎症抑制効果があり、オウゴンエキスは美白・抗炎症作用があります。

 

乾燥しやすいビキニラインをしっかり保湿するために8種類の保湿成分が含まれています。ヒアルロン酸やグリセリンなどが配合されていて、ビキニラインの黒ずみケアで特にお勧めしたい商品になっています。

▼ヴィエルホワイト 公式サイトはこちら▼

コース 初回価格 2回目以降 容量
通常購入 9,960円 × 約1ヶ月
定期コース 4,390円 4,770円 約1ヶ月

※返金保証期間は120日間です

ヴィエルホワイトの総評

ヴィエルホワイトはもイビサクリームと同様に美白成分がしっかりと配合されています。美容液ジェルになっており使用感が非常に良くて浸透しやすくなっています。

 

ビキニラインの黒ずみのケアだけでなくむずむずやニオイも一緒にケアをする事が出来ますし、返金保証が120日間と非常に長いので購入がしやすいのが良いです。

 

デリケートゾーンなので低刺激になっているので安心して使うことが出来ます。ちなみに、クレジット決算でさらに500円引きになるのでお勧めです。

▼ミウ・デフルール 公式サイトはこちら▼

コース 初回価格 容量
通常購入 9,800円 約1ヶ月
定期コース 4,980円 約1ヶ月

※定期コースは最低でも3回の受け取りが条件になています。

ミウ・デフルールの総評

ミウ・デフルールは、リピート率が90%と非常に高く口コミ評価も非常に高い商品です。パラペン不使用はもちろん、紫外線吸収剤も使っておらず肌に優しいクリームになっています。

 

黒シミ毛穴にもしっかりと美白ケアをする事が出来ます。余分な皮脂と古い角質が混ざって出来る毛穴黒ずみで、なっている人が非常に多いです。

 

そういった、毛穴に色素沈着して厄介な黒ずみも改善したいと考えているならこちらの商品がオススメです。